ZINA

Web予約

ブログ

 

ナノスチーム★(水カラー編)_20170608_1

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

田部です。

今回は

【水カラー】

について。

カラーリングの薬剤を塗布した際にナノスチームを当てていきます。
水パーマと同じくカラー剤の浸透率が上がるので、薬液が髪に塗布されている時間が短くなります。
時間が短いとダメージが抑えることができます!

かつナノスチームの細かな粒子が色素を中へ中へと押し込んでくれるので、色もちもよくなります^0^

同時に水分補給もできるので仕上がりの手触りがよくなります。

夏は紫外線や外気の影響を受けやすいのでこういったメニューで労わってあげるととてもいいです^0^

気になる方は是非Zinaまで!!!

田部でした。

 

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

田部です。

日々カラーをしていると色々なカラーがあるのですが、大きく分けると【通常のカラー】と【ブリーチ】に分かれます。

ざっくりいうと色を入れるか、色を抜くかの違いです。

そんな真逆な状態なのですがヘアケアはどうしよう???

【カラー後のヘアケア】
通常のカラーで一番にケアしてほしいのが色落ちを防ぐことです。
なので紫外線、ドライヤーの熱から守るために洗い流さないトリートメントなどが必須かと思います。
また日常生活で髪の毛のダメージで色落ちはしていくので、たまにホームケアのトリートメントなどもしたほうがいいです。

【ブリーチ後のヘアケア】
ブリーチ後のヘアケアで大切なことはこれ以上痛めさせないこと。
なので通常のカラーの時よりも補修に力を注がないといけません。
美容院やお家でのトリートメントが必須になってきます。
通常のカラー同様、紫外線などでもダメージの原因になってくるのでそこもケアを!
ブリーチのほうがヘアケアに時間がかかると思います。

皆様の参考になればと思います。

カラーとブリーチのヘアケアの違い_20170602_1

田部でした。

ご予約の方は上の画像をクリック↑↑↑

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

田部です。

最近暑くなってきて髪色を明るくされる方が増えてきました。

ここ最近多いのがダブルカラー。

市販のブリーチと美容院のブリーチの違い_20170525_1

【ブリーチ】で一度明るくして、もう一度色を入れるカラーですね。

特に黒染めをしている人がブリーチや黒染め落としなどで明るくするパターンが増えています。

そんな中、市販のブリーチで明るくされる方もいらっしゃると思います。

ですが染め方によってはムラになったり、必要以上のダメージを負ってしまうこともあります。

綺麗にムラなくカラーをしてく場合は、現在の髪の状態やカラーの履歴、パーマや縮毛矯正を具合など色々絡んできます。

そしてブリーチ後はパーマや縮毛矯正ができなくなる可能性が高くなります。

今の髪の状態とやりたい髪色、そして今後どうしていくかをしっかり考えたうえで染めてあげるといいですね!

お悩みの方がいましたら、ぜひ田部までご相談ください。

田部でした。

ご予約の方は上の画像をクリック↑↑↑

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

田部です。

徐々に暑くなってきましたね。

東北出身の僕は干からびそうです。

そんな中、気を付けてほしいのが頭皮のにおいです。

夏になると今まで以上に汗をかくことが多くなり、頭皮がにおうことが多くなります。

その匂いを防ぐためにしっかりシャンプーをしましょう!!!

これからの季節に頭皮のにおい対策_20170523_1

・シャンプーは地肌からする
髪の長い人多い人に多いのですが、地肌にシャンプーが行き届いてない場合があります。
初めの流しがしっかりできていると泡立ちがよくなり、頭皮まで行き届きやすくなります。
地肌から洗わないとにおいの原因になります。

・お湯の温度は抑えて、シャンプーも大量に使わない
汚れをしっかり落とそうと思い、シャンプーを大量に使ってみたり、38度以上のお湯で洗うと、頭皮が乾燥しやすくなります。
頭皮が肌を守ろうと皮脂をたくさん分泌して、これがべたつきの原因になり、においにもなります。

・トリートメントを地肌からつける
トリートメントを地肌につけてしまうと毛穴をふさぎ、雑菌が繁殖してにおいの原因にもなります。
できるだけトリートメントは中間から毛先につけましょう^0^

上の3つを変えるだけでだいぶ対策出来るので、これからに季節は気を付けてみて下さい!

田部でした。

ご予約は上の画像をクリック↑↑↑

2017.05.21

Zina fukuoka

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

田部です。

奇麗な髪の毛に近づける方法_20170521_1

ハリやコシがなくなってきた、白髪が生えてきた、ボリュームが出にくいなど色々悩みはあると思います。

あきらめる前に対策を!!!

大切なのは血行を良くすること^0^

毛根にはたくさんの毛細血管があり、そこからの栄養で髪が作られていきます。

心臓から肩や首を通り、頭皮にいきます。

なので首や肩が凝りやすい方は血行不良を起こしやすくなります。

そして睡眠不足。

普段からあまり寝ないでいると体全体の代謝も血行も悪くなり、もちろん頭皮の血行も悪くなり原因になってきます。

このような何気ないことが原因にもなってくるので気をつけてみて下さいね!!!

田部でした。

ご予約は上の画像をクリック↑↑↑

2017.05.19

Zina fukuoka

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

田部です。

各自色々なホームケアのトリートメント(洗い流すタイプの物)お使いだと思います。

正しいホームケアトリートメントの使い方_20170519_1

もし使うのであればより効果的に使用したほうがいいですよね!

・シャンプー等などで綺麗な状態にしておく
まずトリートメントをする前に綺麗に髪の汚れは落としておくのが必須になってきます。
十分なすすぎ、そしてシャンプーをして汚れを落とし、軽く水分はふき取りましょう!

・地肌にはつけない
根元からつけても毛にはよくありません。
毛先中心につけて、できれば蒸しタオルなどで巻いてあげるとよりいいです!

・適量を使う
大量に使ったからと言って結果がよくなるわけではないです。
適量で全体になじむように使用してください。

この3つを気を付けるだけでもだいぶ変わってくると思います。

これからの季節は紫外線や冷房が強く、ダメージやカラーの褪色に繋がるので是非やってもいて下さい^0^

田部でした。

ご予約は上の画像をクリック↑↑↑

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

田部です。

皆様、シャンプー前のすすぎはどれくらいしているでしょう???

多くの人はささっと済ませていると思います。

シャンプー前のすすぎがカラーの褪色とすごく関係してきます!!!

ブログ画像
なぜかというと

【シャンプーの摩擦が減る】

しっかりすすいだ状態でシャンプーをすると泡立ちがよく、摩擦が少ない状態で洗えます。

もしすすぎが十分でない場合、泡立ちが悪く、髪の表面を傷つけてしまいます。

そうなるとキューティクルが傷つき、褪色を早めてしまいます。

泡立ちをよくすることは摩擦を減らせるので、カラーの色持ちに大きく影響します。

じゃあどれくらいすすげばいいの???

髪の長さにもよりますが、3分ぐらいはすすいであげるとよく流せると思います。

シャンプー剤の節約にもなるし、カラーの色持ちにも影響するので是非試してみて下さいね^0^

田部でした。

ご予約は上の画像をクリック↑↑↑

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

田部です。

ゴールデンウィークにお出かけする方も多いと思いますが、この季節に気になってくるのが

【紫外線】

お肌が焼けるのもそうなのですが、頭皮も日焼けしています。

頭皮が日焼けすると炎症を起こして痛みやかゆみ、フケが出たりすることもあります!

また紫外線による頭皮のダメージで白髪が出やすくなったりします。

紫外線による白髪はストレスの白髪と違い1度なると治りにくいのでご注意を!!!

帽子をかぶるなど対策は色々ありますので、気になる方はぜひZinaまで!

田部でした。

紫外線対策はお早めに!_20170428_1
ご予約は上の画像をクリック↑↑↑
お家でのブラッシングで色持ちが変わる?!_20170427_1

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

田部です。

突然ですが皆様、毎日髪の毛はブラシで梳かしたりしているでしょうか?

例えばお風呂の前にブラシで梳かしてあげると汚れが取れやすくなり、髪にいい効果をもたらすことが多いです。

基本的な使い方は髪の毛流れに沿って通してあげると、キューティクルに負担が少なく綺麗に梳かせます!

無理矢理引っ張る様にブラッシングしてしまうと髪が抜けたり、傷つけたりしますのでご注意を!!!

これだけでカラーリングの色持ちも変わりますので、是非お試しを^^

田部でした。

 

ご予約は上の画像をクリック↑↑↑

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

田部です。

よくお客様から頂く質問ですが、

「家でスタイリングすると再現できない」

といただきます。

難しいですよね。

美容院でのスタイリングを家で再現する方法_20170408_1

そこに関してとても大切にしているところが

【乾かし方】

です。

例えばコテなどで巻いて仕上げるときに、美容師さんと同じように巻いたとします。

ですが根元の乾かし方が違うと同じように巻いても、同じようなカールが出なかったりします。

乾かし方は人それぞれ違うので、このブログでこうとはお伝えできないのですが。

もしお悩みの方がいましたらご相談ください!

乾かし方、ブローや巻きなどお伝えさせていただきます!!!

田部でした。

 

ご予約の方は上の画像をクリック↑↑↑